ゆたか証券ゆたか証券

お客様とのふれあいを大切にする証券会社

ゆたかネットログイン・リアルタイム株価情報はこちら

口座を開設したい 会員向けログイン

投資信託

主として、アジア製造業マザーファンド受益証券への投資を通じて、アジア諸国・地域(日本を除く)の上場株式の中で製造業に関連した成長の期待できる銘柄を中心に投資することにより信託財産の成長を図ることを目標として、積極的な運用を行うことを基本とします。

アジア製造業ファンド(3ヶ月決算型・1年決算型)

概要
主なリスクの種類 価格・為替・信用
分配金 3ヶ月・1年
主な費用 申込手数料 基準価額に対して3.24%(税抜3.00%)
信託報酬 純資産総額に対して年1.728%(税抜1.60%)
信託財産留保額 ありません
  • 主なリスクの種類
    価格…価格変動リスク 為替…為替変動リスク 金利…金利変動リスク 信用…信用リスク
  • 分配金は運用状況によって金額が変わる場合や支払われない場合があります。
  • 費用の詳細は、各ファンドの最新の「目論見書」をご覧ください。

ファンドの特色

S&P GSCI商品指数が表す世界の商品(コモディティ)市況全体について、その中長期的な動きを概ね捉えた投資効果を目指して運用を行います。
当ファンドでは、「S&P GSCI商品指数」を円換算したものを運用の際に参照する指標とします。この指標は「
S&P GSCI商品指数」を委託会社が独自に円換算したものです。
S&P GSCI商品指数の騰落率に償還価額等が連動する、外貨建ての証券(指数連動債または指数連動証券等を主要投資対象とします。
指数連動債・指数連動証券とは、償還価額が対象指数の数値や騰落率等によって変動するよう設計されたもので、売買価格も当該対象指数に概ね連動する傾向があります。
外貨建て資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
原則として、毎月の決算日に分配を行います。
毎月20日(休業日の場合は翌営業日)の決算時に分配を行います。

S&P GSCI商品指数について

S&P GSCI商品指数とは、商品(コモディティ)価格のベンチマークとして1991年にゴールドマン・サックスにより設計され、また2007年2月にスタンダード&プアーズ社によって買収され、商品指数に名称変更されたインデックスです。2013年12月現在、WTI、ブレンド、ガソリン、天然ガス、ヒーティングオイル、ガスオイル、銅、アルミニウム、亜鉛、ニッケル、鉛、金、銀、生牛、豚肉、牛肉、小麦、とうもろこし、砂糖、大豆、カンザス小麦、綿、コーヒー、ココアの24の商品先物で構成され、世界生産金額により加重平均されています。

WTI…北米で産出する原油をWTI原油といい、WTI先物はニューヨーク商業取引所に上場されている代表的な原油先物です。 ブレンド…欧州の北海で産出する原油をブレンド原油といい、北米ブレンド先物はロンドン国際石油取引所に上場されている欧州の代表的な原油先物です。

ファンドの費用とリスクについて

当ファンドにご投資いただく際には、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合がございます。また、価格の変動等による損失を生じるおそれがございます。ご投資にかかる費用およびリスクの詳細は、投資信託説明書(目論見書)をよくお読みください。

お取引き可能なサービス

投資信託のキャンペーン情報

ゆたかネットのキャンペーンはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ